大切な情報はデータ復旧でキープ|現代企業の命

サーバ管理のアウトソース

サーバー

初めてデータセンターを利用する場合に気をつけたいのが、データ量の目測を誤ることです。過不足が生じると余計な支出や、手間が掛かります。また知っておきたい知識にデータセンターのサービス形態があります。ハウジングとホスティングの二種類があり、それぞれ運用形態やメリットも異なります。

More Detail

システム活用とサービス

スーツの男性

販売管理は商品の受注から納品、代金の回収など一連の管理を行うことである。近年では販売管理のシステムにおいて、クラウドサービスを活用するケースが増えている。クラウドサービスを活用することで、低コストで利用できる。

More Detail

ビジネスメールの種類とは

メールとパソコン

ウェブメールにはいくつかの利点が存在します。1つには、インターネットに繋がる場所ならどこでもメールのやり取りができるという手軽さです。また、メールデーターがセキュリティの高いサーバー上に半永久的に補完されているのも大きなメリットとなります。

More Detail

企業の利用も想定している

HDDと人の模型

対応可能なハードに注意

情報技術社会の成熟によって大量のデータを扱うケースが増えています。それに伴ってデータ復旧の需要も高まっていますが、このサービスを利用する場合は注意点もあります。データ復旧では依頼の前に、対応が可能なハードについて事前に業者に問い合わせるなどして確認しておくことが大切です。データ復旧業者と一言にいっても、そのサービス内容は業者ごとに開きがあります。個人の利用を想定しているものから、企業などの法人利用を広くサポートする会社まで様々です。例えば法人ならば、NASやRAID・サーバなどの取り扱いが得意なデータ復旧会社を選んだ方が無難です。またセキュリティもデータ復旧会社を選ぶときには重要です。特に企業ならばデータの流出は致命的な損失を被ることがあるので、慎重に利用するサービスを見極める必要があります。

サービス形態知る

一口にデータ復旧サービスといっても、実はそのサービス形態は様々な種類があります。どのサービスを利用するのが最適なのかは、利用者の属性や予算、ハードの種類や障害状況など多くの要素が絡んできます。しかしデータ復旧のサービス形態を知っておけば、より最適なサービスを選びやすくなります。もっともスタンダードなサービス形態として、データ復旧会社のほぼ全てが提供しているのが引き取りによる復旧です。これは顧客である企業などから預かったストレージやハードウェアを自社のラボで解析、復旧させるサービス内容です。復旧が成功した場合、宅配便で顧客までデータやハードウェアを送り返します。また出張サービスという形態もあります。これは特にデータを持ち出し出来ない企業からの利用が多く、サービスマンがデータ復旧会社から出張して、現場で復旧をしてくれます。